So-net無料ブログ作成
検索選択

春のワクワク [スズメちゃん]


春のおまつり.jpg

みなさま、こんにちは。
更新さぼってまた広告が表示されていました(笑)
桜も咲いているので、ちょっとワクワクな絵を描きました。
いやワクワクばかりもしていられない春ですが、せめてスズメちゃんとヒヨコたちはハッピーでいてもらいましょう。




皆さんのブログランキングへの応援がわたしの元気になっています。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 イラストブログ 絵本制作へ
にほんブログ村


こちらもぽちっと1個で10ポイントが加算されます。
ランキング押忍バナー.jpg
★応援ありがとう♪




nice!(27)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

りりちゃんの絵と保護猫のこと [パステル・猫]


lilichan1002.jpg


秋頃に描いた絵です。
りりちゃんが窓辺で眠っているところをパステルではがきにスケッチしました。


最近、猫ブームなのか、雑誌でもテレビでも猫特集をよく目にします。
そんな番組や本を見て、猫を飼いたくなったら、ペットシッョプへ行く前に、保護猫の里親を募集しているボランティア団体や動物愛護センターの里親募集をチェックして欲しいのです。
里親になるには、猫が一生幸せに暮らすために、ペット飼育可の住宅かどうか、完全に室内飼いをすることや、去勢・避妊が済んでいない仔猫の場合は可能な時期がくれば手術を受けさせること、年に一度ワクチン接種をすることなど、いくつかの条件がありますが、それは家族として猫を迎える気持であれば、あたりまえの事だと感じます。
一匹でも多く殺処分から救うために、日々活動している方がたくさんいらっしゃいます。
まだまだ幼い時期に母親から引き離され、ペットショップの小さなガラスのケースに入れられて十数万の値札をつけられた仔猫、一方で野良猫が庭で仔猫を産んだのでひきとって欲しいなどの理由で動物管理センターに持ち込まれ、殺処分されてしまう生まれたばかりの仔猫たち、命の尊さは同じはずで、どちらも同じように可愛らしいのに、なぜ苦しんで死ななければならないのでしょう。
母親猫と仔猫たち、まとめて保健所に通報され、親も仔もみんな殺処分になる場合もあります。
そんな現実を私たちは知らな過ぎるのだと思いました。
私もりりちゃんをお迎えして、いろいろな事を知りました。
もしも今、ペットショップで猫を買うつもりの方がいたとして、この記事をきっかけに保護猫の里親になる事を選んでくださる方がいらっしゃったら幸いです。




皆さんのブログランキングへの応援がわたしの元気になっています。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 イラストブログ 絵本制作へ
にほんブログ村


こちらもぽちっと1個で10ポイントが加算されます。
ランキング押忍バナー.jpg
★応援ありがとう♪




タグ:保護猫
nice!(25)  コメント(7) 
共通テーマ:ペット

可愛い三毛猫の里親になりました [水彩・ねこ]

lilikarurureocats.jpg



私のブログではいつものことですが、またもや大変ご無沙汰しました。

真夏に引っ越しをしまして、やっと念願のペット可のお家になりました。
そして、可愛い三毛猫さんをお迎えして、今は猫の可愛い仕草にめろめろになり、抜けて舞う白い毛にまみれて、すっかり立派な猫おばさんになり幸せに暮らしております。

りりちゃんは元はお外で暮らしていた猫です。
保健所公示期限が切れ殺処分が決まったため、動物愛護センターからレスキューしてくださった保護団体さんから譲渡していただき、私はりりちゃんの里親になりました。
春の事です、ネットでりりちゃんの写真を見て可愛くて、見てるとなんだか幸せな気持になって、勝手にご縁を感じてしまいました。
里親になりたいと問い合わせをしたところ、ボランティアで保護してくださっているりりちゃんの仮のママさんのご好意で、有り難い事に引っ越しまで待ってくださったのです。

上の絵の右端の子が私の可愛いりりちゃんです(笑)
真ん中と左の子は同じ時に保護されていた同期生?になるのかな。
りりちゃんの面会で伺った時に会ったのですが、みんな可愛かった〜!
今はそれぞれ新しいお家が決まって幸せに暮らしています。
保護ママさんが一生懸命に里親探しをされているからです。




CN32FtbUkAUPn2a.jpg
ね、りりちゃん、こんなに可愛いです(●^Θ^●) ←親ばか炸裂
最初、猫をお迎えしたいと考えた時、ペットショップかブリーダーさんから購入するものだと思っていました。
華やかなペット業界の裏側の悲しい現実を知らなかったのです。
友人から里親になるという選択肢を教えてもらい、地元のボランティアさん達の事を知り、そして動物愛護センターで殺処分になっている犬や猫がたくさんいること、それをゼロにするために頑張っている人たちが全国にたくさんいらっしゃるということを知りました。
もう、猫をお金で買うという選択はあり得ないと思いました。

私に出来たのは、たった一匹の猫の里親になることだけですが、私がそうだったように、里親になるという事を知らない方もたくさんいらっしゃると思うので、今から猫をお迎えしたいと考えていらっしゃる方は、ぜひ地元で保護活動をされているグループや動物愛護センターで里親を募集している子たちを見て欲しいです。
可愛い仔猫もたくさん、新しい家族になってくれる人を待っています。

仔猫でなくても、大人の猫でも、ちゃんと懐いて甘えてくれます。
りりちゃんも三才くらいの猫ですが、すっかり家族に懐いています。
どんな性格の猫かある程度わかるのも、成猫をお迎えするメリットだと思います。

これからは、ますます猫の絵を描く機会が増えそうです。





皆さんのブログランキングへの応援がわたしの元気になっています。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 イラストブログ 絵本制作へ
にほんブログ村


こちらもぽちっと1個で10ポイントが加算されます。
ランキング押忍バナー.jpg
★応援ありがとう♪




nice!(26)  コメント(10) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。