So-net無料ブログ作成
検索選択
オイルパス ブログトップ
前の5件 | -

オイルパス 鹿の親子 [オイルパス]


鹿の親子
鹿の親子.jpg
2011年7月17日 オイルパステル 紙/キャンソン ミ・タント
喫茶ギャラリー課題写真より


久しぶりにオイルパステルを使いました。
クレパスのようなものです。
描いているとオイルパスが手にベタベタくっつきます。
でも、ちょっと楽しいです(*^o^*)


応援バナーをポチっとお願いします!
ランキング押忍バナー.jpg
(●^Θ^●) どうもありがとう♪


nice!(39)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

夏の想い出、暗がりにみえるもの [オイルパス]


月が隠してくれる闇
暗がりにみえるもの.jpg
2010年8月10日 オイルパステル キャンソンミタントはがきサイズ


子供の頃は、まだ外には暗い場所がたくさんあった。
提灯が灯してあった薄暗いお縁側に腰掛けて、外を見ていたら、暗がりに何か動いたような気がした。
目を凝らせば見えるかもしれないと思う。
でも怖いから見ない。
気がつかなかったことにしておこう。
見上げると、空には星がたくさん見えた。
あの頃は天の川も流れ星も見えた。
そうか、お盆の頃に見た流れ星は、ペルセウス座流星群だったのかもしれない、と今頃になって気がつく。

夏はスイカをたくさん食べた。
深夜、目が覚める。
トイレに行きたいが、昔ながらの広い田舎の家はトイレへの廊下が暗い。
トイレへの戸は2カ所あって、こちら側には電灯のスイッチがなかったので、暗い廊下を通って向こう側まで行き、電灯をつけなくてはならなかった。
スイッチのある向こう側の入り口へ行くには、仏壇のある座敷の横の縁側の廊下を通らなければならず、これも真夜中には小心者の私にはためらわれた。
蚊帳の中、しばらく我慢していると、そのうちに膀胱がパンパンになる。
スースー寝息をたてている祖母にすまないなぁと思いつつも、トイレについて来て欲しいと起こす。
「ばあちゃん、そこにおってね、待っとってね。」トイレの戸の側で待っていてくれる祖母に中から何度も声をかけていた。
今思うと可笑しい、祖母が怖がっている小さな孫を、薄暗いトイレに置いてきぼりにするわけがないのに。
昔のトイレは怖かった。
暗いところを見ていると怖いので、用を足す間は電球の灯りを見つめていた。
明るいものを見ていると、暗いところはただの真っ暗で、何か見える余地はないから。
子供なりに怖さをやわらげるための知恵を働かせていたのだなぁ。

暗闇の中に何か居そうな時は、あえて明るいところを見るのがいいのかもしれない。



皆さんの "ぽちっと" がすごく嬉しいです。(●^Θ^●)
ランキングヒヨケーキ0910.jpg
*人気ブログランキングに投票する*




タグ: 想い出 お盆
nice!(40)  コメント(16) 
共通テーマ:アート

オイルパス 少女 [オイルパス]


sad eyes
sad-eyes.jpg
2010年8月18日 オイルパステル 紙/キャンソン ミ・タントはがきサイズ


なんだかくらーい絵になってしまった。。。
イギリスの古城の窓辺に、夜になるとぼーっと浮かぶ人影・・・・みたいな^^;;



皆さんの "ぽちっと" がすごく嬉しいです。(●^Θ^●)
ランキングヒヨケーキ0910.jpg
*人気ブログランキングに投票する*




nice!(31) 
共通テーマ:アート

困った時の猫絵 [オイルパス]


ねこ
黒いネコ0502.jpg
2010年5月2日 オイルパス 紙/キャンソン ミ・タントはがきサイズ


今日はオイルパスで猫を描きました。
ちなみに、うしろのグルグルはタイムマシーンじゃないです。

皆様、ゴールデンウイークいかがお過ごしでしょうか。
ドコへ行っても人が多くて道路は渋滞するし〜
レジャーは近場ですまそうか...って、明日から博多どんたくなので、地元が一番混んでるやん(笑)



押してくださると、今日の絵も気に入ってもらえたのだなぁと嬉しくなります♪
hiyobana.jpg
*人気ブログランキングに投票する*

nice!(34)  コメント(11) 
共通テーマ:アート

オイルパス 春の花々 [オイルパス]


花々
57260.jpg
2010年4月22日 オイルパステル 紙/キャンソン ミ・タントA4


今日もオイルパスで、喫茶ギャラリーの課題を描いてみました。
お花の絵を描くのは楽しいです。
この絵の中に咲いているのは、ラナンキュラス、ガーベラ、ストック、ブルーデイジー、ハゴロモジャスミン。

先日記事に書いたタンポポの種、植木鉢にまいてみました。
どんな土が好きかわからないので、ベランダにある植木鉢のあちこちに少しずつまきました。
タンポポってあんなに綿毛の種を飛ばしているのに、そこいらじゅうタンポポだらけになるわけでもないから、もしかしたら発芽して育つのは難しいのかもしれないなぁと、ちょっと心配。
いつのまにか植木鉢に住み着いたカタバミは強くて、あっという間にバラの鉢いっぱいに広がっていますけど(笑)
でも、そもそも家の近くに一株あったタンポポは、どこから種が飛んできたのかなーと考えていたら、数年前に唐津に遊びに行って白タンポポが沢山咲いていた鏡山の駐車場脇で、種のついた茎を摘んできて、ベランダに置いていたらいつのまにか綿毛が膨らんで飛んで行った事があったのを思い出したのでした。
まさかその時の種から発芽して、咲いていた?とは考え難い気もしますが、もしもそうなら楽しいなぁと、ちょっとワクワクしたのでした。
白いタンポポは日本にもともとあった在来種らしいので、強い西洋タンポポにおされて負けているのかもしれないですね。



たまにで良いので押してくださると元気が出ます。(●^Θ^●)
ランキングヒヨケーキ0910.jpg
*人気ブログランキングに投票する*




nice!(36)  コメント(10) 
共通テーマ:アート
前の5件 | - オイルパス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。